前へ
次へ

慢性的な肩こりで悩むときはどうするか

病気の中には急に発生するものの治療は比較的早く行えるものがあります。痛みが起きているところと原因が近いことが多く、その原因をなくすことで治療は終わってしまいます。一方慢性的に続くものの治療はなかなか完治しないときもあります。原因が痛みの近く以外にあったりすると痛みそのものをとっても治りきらず再び痛みが発生してしまいます。痛み止めなどの治療になってしまい、長く痛みと付き合わないといけないときもあるでしょう。多くの人が悩む症状として肩こりがあり、一般的なものは肩周辺に原因があります。肩周辺の筋肉や血行に問題があるため、それらに作用する治療を行うと痛みは消えそれ以降も痛みは発生しません。一方慢性的な肩こりがあり、こちらの場合は肩周辺のこわばりや血行不良が体の別のところにある可能性があります。マッサージなどを行うとこわばりなどがなくなるので一時的に痛みは解消しますが、もともとの原因がそのまま残っていると再び痛みとして出てきます。こうなると毎日のようにマッサージをしてもらわないと痛みが取れず、治療にかかるお金もかかり続けるかもしれません。慢性的に続くようであれば痛みの原因が肩以外にあると考えて本格的に治療をした方がいいでしょう。まずは整形外科で痛みなどの症状を伝え周辺のレントゲンなどを取ってもらいます。もし肩周辺に特別な異常がないのであれば、それ以外で肩に負担がかかるような異常がないかを見つけてもらいます。姿勢が悪い人などは知らないうちに背骨が曲がった状態になり、それが肩に負担をかけているときがあります。歯のかみ合わせが原因になることもあるようです。肩の痛みとなると下半身などはあまり関係ないと考えるかもしれませんが、歩き方であったり靴に原因があったりもします。O脚や蟹股などだと歩く時の負担が大きくなり、それが原因で肩に負担がかかるときがあります。合わない靴を履いている人が歩く時のバランスが悪くなってそれが原因の時もあります。靴の底の減り方が左右に偏っている人などは歩き方や靴に問題がある可能性があり、それらの問題を解消しないと肩こりも起こり続けます。

大阪にて手術後も安心して過ごせる婦人科
個室の休憩室があるので、中絶手術後麻酔から覚めるまで安心して過ごすことができます。

【みたち接骨院】ママケアに力を入れています
頑張るママの力になりたくて、当院では貸切制でお子様と一緒に施術を受けられる特別枠を作りました。詳細はこちら

安心して治療が受けられる行徳の歯医者
患者様と話しあいご納得いただける治療をご提供させていただきます

安心して歯の治療を受けられる歯科クリニック
機器の滅菌等の衛生管理を徹底しているので、安心です。

歯科治療サポートが充実している久地のきむら歯医者
CTやセファロ等各種設備で大切な歯をお守りしていきます

Page Top